スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛機は名機

2010年06月09日 13:00

いんふぉばー2

水没ならぬ汗没したINFOBAR2が
修理を経て手元に帰ってきた
おーーよちよち。もう絶対エクササイズ中に
ポッケやブラん中に入れたりしないから!!


( ´∀ `)2年以上経過しとる、ということで
経済的にも機種変を熱烈に勧められたのですが
私のテーマカラーな上に、
使いやすさこの上ナシ。
手に持ったしっくり感もこれ以上の質感に
出会えそうにないから、丁重にお断りして
修理してもらいました。
というより、新品と交換ですね。コレはw


落とした時の大きな傷も、摩擦で消えかけたボタンの文字も見当たらないし


なんか得した気分のファイキンでございます。

広島ブログ←ニヤニヤ( ´∀ `)

世間の方々が
「ケータイ」を持つことが当たり前となっていた頃
私は頑なに携帯電話を持つことを拒絶しておりました。
きっかけは副会長が入園時の緊急連絡用として、でした。
だからたった6年ほど前のこと。。。
今となっては「手放せない必須アイテムの一つ」なんですが


ココロのどこかで、素直に受け入れられない「何か」を抱えているのも事実です。


大好きなあの人の声が聞きたくて、震える手でダイヤルを回したら、父親が出たので切った

とか

いたずら電話がかかってきて、退屈だったので相手をしていたら、意気投合し、話し込んだ上に謝罪された


とか

時計を合わせるのに、時報を聞いたら、あの無機質な声の女性に会ってみたくなった


とか

なんかそういう事を
忘れちゃいけないような気がするんです。


コメント

  1. やんじ | URL | -

    Re: 愛機は名機

    ピ・ポ・パというトーンでなく、
    ジーッコ・ジ~~~ッって、ダイヤルが戻る音にドキドキし、最初のコール音が鳴ったときから体が硬直し、受話器を取って第一声が聞こえたときに心臓が止まりそうになったのが、懐かしいですね。

  2. kiyo | URL | -

    Re: 愛機は名機

    時報は中村啓子さんですね。
    http://www.voiceblog.jp/timesignal_117/
    「おかけになった電話番号は・・・」もそうですね。

    携帯の「修理」は、実はデータをコピーして基盤ごとごっそり入れ替えるだけのが多いです。
    一応、チェックはするんですが、修理センターに返ってくる数があまりに多いので診れないんです。

    部品がある限りはその方法でずっと"新品"でいられると思いますよ♪

  3. ゆかり | URL | JnoDGgPo

    Re: 愛機は名機

    最近の子供にジーコロコロタイプの電話を見せても使い方が分からんらしい
    そういえばマッチが点けられない子も多いし。
    メール全盛ですし
    「ペンパルの美子ちゃん」は確実に失業してますよね・・・
    手書きの手紙が好きなので、わたしゃ結構手書きしとります。
    字だけで「あ!○○ちゃんだ!」って分かる瞬間が幸せです(´∀`)

  4. ファイキン | URL | tIzNQ2cE

    Re: 愛機は名機

    >やんじさん
    黒電話の次は、モスグリーンのダイヤル式で
    とっても嬉しかった記憶を今も留めております。
    やんじさんのお気持ち、とーってもよく分かりますよ♪
    自分の息までが聴こえるあの思いを忘れちゃダメだと思います

    >kiyoさん
    Σ(´д`;)うひゃあ!修理する手間より新品と総とっかえのが早いんですね
    時報の声の中村さんにドッキドキ!
    美声って本当に「宝」ですよね。特に自分にないので羨ましいです
    フライパン調理シリーズw 楽しませてもらってまぁす♪

    >ゆかりちゃん
    私も携帯持つまでは、アナログ手紙人間で
    特定の相手との文通歴は筋金入り!なんよ。
    でもお互い携帯を持つようになったのがここ5年前後でね
    メールに取って変わりました。小6から続いている手紙は全部保存してるので
    そらもう、凄まじい量になります(笑)

    ウフフフ♪私たちも(σ´∀`)σ文通しちゃおっかw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nippoo.blog83.fc2.com/tb.php/2437-1e822b6d
この記事へのトラックバック


最新回覧板


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。