スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眠れぬ夜のお供

2012年05月24日 10:40

平日は23時に寝て5時45分起床

・便秘
・不眠


とはほとんど無縁の私。なので
「眠れぬ夜」ってこともないんですが

例えば休前日

「眠たい。死ぬほど眠たい けど 寝てしまうのがもったいない!

という時。
すべての家事を済ませ、風呂も歯磨きもすませ、
いつ気絶しても、地球が粉々になっても全然OK
という状態に持ってきておいてから

厳選した本を読む


こんな日が作れると幸せ。
ちなみに最近のお気に入りはこちらです

ぽりぽり20

初版が出た時まだ17歳。
ノルウェイの森よりも読破に時間がかかった。
当時は読み直しても理解が及ばなかった箇所も
時を経て、何度も味わい直すと 「なるほど そういうことってあるわ」
とサラリと入り込めたり。

村上春樹の小説の面白いところは
「主人公になりきる」
「この人になりたい」

と思う登場人物が皆無であるところ

ぱりぱり10

4コマです。
家族4人で回し読みしています。
とにかく1、2巻はボロボロ。
「あるあるあるある!」と思う点が多々あり
パリなんて全然知らんけど、親近感を持てる一冊

広島ブログ


コメント

  1. goodarund43 | URL | -

    Re: 眠れぬ夜のお供

    ブログいつも拝見しています。
    この小説は今まで一番繰り返し読んだ本です。
    村上さんのほかの作品と比べるとちょっと地味なポジションだとはおもうのですが、
    僕は未だに一番好きな作品です、
    何というか、文章のリズム感でグイグイ読まされていく感じが心地よいです。
    この作品が出てきたのがうれしくてコメントしてしまいました。

  2. yummy | URL | tIzNQ2cE

    Re: 眠れぬ夜のお供

    >goodarund43さん
    (´∀`)おはようございます。コメントうれしいです♪
    文庫ハードカバー等あらゆる村上作品を持っておりますが
    私もどういうわけか?ダンスダンスダンスが最も繰り返し読んでいる書。
    なんですよね。

    逆に不可解な箇所が多すぎて結果何回も読み中なのがねじまき鳥(笑)

    またぜひ遊びに来てくださいね。待ってます!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nippoo.blog83.fc2.com/tb.php/3604-27a14a04
この記事へのトラックバック

-

管理人の承認後に表示されます



最新回覧板


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。